ペット共生型賃貸住宅・東京葛飾・シャーメゾン・ルナ
地震に強く、特別仕様の断熱材やペアガラスサッシを使って、暑さや寒さに強い住宅性能を目指します。  積水ハウスの注文住宅に近い、人とペットが住み心地が良い賃貸住宅を作ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット共生とは?
「ペット共生型賃貸住宅」は、ペット飼育者が優先で入居する住宅です。
入居者がほぼペット飼育者、または飼育希望者であり、管理するオーナーや管理会社もペットに理解があり、飼育を前提とした体制で管理を行います。


「ペット可物件とどう違うの?」
と言う質問が多いのですが、

「ペット可」とは、単にペット飼育を「許可している」物件であり、他の入居者のペットとの関係やペットへの理解などは全くありません。


管理体制も、オーナーもしくは不動産会社が、ペット不可物件と同様の体制で管理しており、ペットに対する理解・知識の不足から、万一トラブルがあった場合も適切に対処できず、解決することが困難なためマイノリティのペット飼育者が最終的には出て行かなくてはならないケースもよく聞かれます。

賃貸に関わらず最近では分譲マンションの管理体制も同じで、嫌な思いをして出て行くペット飼育者も増えてきているのです。


「ペット共生型」最大のメリットは、まず同じ建物内にペット嫌いの人がいない、という点でしょう。
つまり、入居者同士が「ペットへの愛情」という共通理解を通し、より親密なコミュニケーションが図れるという点です。

当メゾンの考える、ペット共生型賃貸住宅とは、飼い主と動物が安心して住める住宅です。

その条件として、

①新築時よりペット共生型である事。

②遮音、断熱性能が注文住宅並みである事。

③ペット用の設備が整えられ、設備に応じたペットの入居である事。
  
④ほぼ1日中家にいるペットが安心してお留守番できる様、地震や火事に強い事。 

⑤セキュリティーもオートロックなどを採用し、安心してお留守番できる事。

⑥ペットをきちんと知った管理会社を採用し、入居同士のトラブルが起こり辛くする。

pro02_index_cut_003.jpg

ただ今、こんな目標を置いてペット共生型賃貸住宅を計画しております。

入居目標時期は、2007年9月入居を目標に建築計画を行っております。  

建設予定地は、東京都葛飾区です。

スポンサーサイト

テーマ:ペット共生賃貸住宅 - ジャンル:ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。